2009 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
本気で持って帰ってこようと思った車



お互いにここは譲れない
最後はじゃんけんで決着をつけることになった



今は西川君がMainlandで乗っている
わたしは負けた





090523





いいじゃないですか、やちさん
日本でこんなに大きな車乗らなくても
軽自動車で充分でしょう、ふふふ






はいはいわかりました・・・くやしい!
本当にくやしかったので
日本に帰ってきて即
カメのように可愛い車を買った





西川君にMailを送る
「わたしの愛車、カメ太郎です」




返事が来た
「象之介も絶好調です」





  
日中の強い陽射しを浴びていると

時間がカラフルに踊るように過ぎていく

めくるめく喧騒と熱風の中で

パレードに巻かれるように過ぎていく

ムービーチックでちょっとクレイジー

そのまま一気に歓喜の夜へとなだれ込む













クラブに誘われても Sorry

自分次第でいくらでも長く充実する夜






バドライトから辞書に持ち換えた手で

たくさんの本を読みながら

ふと耳に届いた言葉




Yes, We can





そのシンプルで力強い言葉





西川君

明日は出来るよ





時代の波に乗れなくたって

いいじゃない











  
西川君は何を思ったか

せっかく本場に来たのだからと

サーフィンを始めることになってしまった






友人にインストラクターを紹介してもらい

一からのレッスンだ





「なーに、あと20年もすれば立派なプロだよ、ハハハ」

ジョークでそう言われても

俄然やる気を出してしまうところが

いかにも西川君らしい





楽しみにしてるね











わたしの20年後は

イルカになっちゃってるからね

あ、でも人魚姫とどっちにするかは

まだ迷ってるところ









  
三か月間いて

時間の許す限りの毎日

それに逢えることを願いながら

過ごしていた場所




来る日も来る日も






090520






それが見られると幸運の証し

「グリーンフラッシュ」

ほんのわずかな時間だけ緑色に輝くという





長年住む友人でさえ

2回しか見たことがないと言っていた

何かラッキーなことがあったのか尋ねると

嘘か本当か宝くじがあたったとのこと




逢うまでのわくわくする気持ちが

いわばハッピー&ラッキーアワー

それが永遠でもかまわない




片手にはいつもバドライト

カメラだけをポケットに










  
その昔

Lycos(ライコス)という日記サイトがあった

ブログなんて言葉はまだメジャーではなく




書く側も読む側も

いろいろな意味で

みんな距離感が近かったように思う




少なくとも今よりは





ネットの中で交わす文字にも

どこか親近感や温かみがあった





懐かしく思い出す人も何人かいる

今はどこで何をしているのか





「どこ」

この狭い箱の中で





指先一本でで会えるものなら

会いたいと思う

その思いは今でも変わらない





090519







そしてそれは

突然感じてしまったこと





この狭い箱の中で

いろいろ彷徨ったあげく







重くて苦しくて

目を閉じながら脱出口を探した






あたしは

あたしのいるところは

ここじゃない

ここのあたしが

本当のあたしじゃない





そっとしておいて欲しい

そう思うことが多くなった









  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。